うつ病の家族がいるなら知っておきたい接し方

仕事は休職?退職?

手

仕事はどうしたらいいか

心の病気となるうつ病を抱えたまま仕事を行なうことは、厳しい状況になるでしょう。しかし、仕事しなければ生活ができないというプレッシャーを感じてしまいます。この状態で続けてしまえば、体の症状はどんどん悪い方向へと進んでいってしまいます。そうなると、仕事ができない状態となってしまい、職場へ行くこともままならない状態になります。こうなれば、仕事を辞めることを考えますよね。ですが、職場環境によっては辞めたほうがいい時と休職したほうがいい時があります。辞めたほうがいい時は、もう職場自体へ行くこともできない状態になった時です。こんな状態になっているという場合は、職場の環境が悪いことが主な原因になります。ですから、その時は無理に続けようとせずに辞めたほうがいいでしょう。しかし、一部の人間関係や仕事内容でうつ病になった時は改善できるように動いてみてください。会社の上司に相談したり、話し合ったりするといいでしょう。ただ、うつ病が発症している時点でこういった場を設けてしまうと余計に悪化してしまいます。ですから、事前に自分がうつ病であるということを伝えておくようにしてください。そうすることで、職場側も接し方を考えてきてくれるでしょう。

休職したほうがいい場合

職場の環境的に休職したほうがいい時もあります。この場合は、職場側がうつ病に対して理解して手当を出してくれるところになります。休職している期間は、働いている時と同じぐらいまたは生活できるほどの給料を貰えるようになります。そうなれば、休職期間に徹底的にうつ病を治せるように体を整えられます。ただ、気を付けないといけないのは手当がもらえる期間に限りがあるので、焦って無理に治そうとすることです。無理に治そうとすると余計にストレスを感じてしまいます。ですから、ストレスを感じないように自分のペースでうつ病を改善していくことが大事です。また、身近にいる家族なども接し方を考えないといけません。無理に復職を勧めたり、お金に関するプレッシャーを与えたりしないようにします。このような接し方をしなければ、うつ病を抱えている本人もプレッシャーを感じずにゆっくりと自分のペースで治していけるようにするでしょう。接し方一つでうつ病を抱えている人の負担を減らせるので、本人が再度復職できるように支えてあげるようにしましょう。

To Top