うつ病の家族がいるなら知っておきたい接し方

ストレスは禁物

医師

絶対にしてはいけないこと

うつ病で悩んでいる人にとって、一番だめなことはストレスを感じることです。ストレスは、うつ病を抱えていない人でも感じてしまうと辛い気持ちになったり、体に不調が起こったりします。うつ病の人は、抱えていない人の倍以上ものストレスを感じやすくなっており、ストレスを感じてしまうと最悪の場合は自暴自棄となってしまうことだってあります。こうなると、どんどん悪化していくだけなのでストレスを感じさせないようにしなければいけません。これで最も知っておいてほしいことは、身近の人がかける何気ない言葉でもストレスを感じてしまうということです。ですから、うつ病患者にとってどんな言葉がストレスを感じてしまうのか知っておくべきなのです。

接し方に注意する

うつ病を抱えている人にとってかけられると辛い言葉があります。「頑張って」とか「甘えないで」などの励ましの言葉でも、今の自分を否定されていると感じる言葉になります。確かに、うつ病の人は一見ただやる気が無い人と見えてしまうでしょう。しかし、やる気がないのではなく「何かしようとしてもできない」状態です。ですから、「頑張って」と言われても頑張ることができず、余計にプレッシャーを感じてしまいます。「甘えないで」とかの言葉は、自分を否定されたというようにとらえてしまうので、余計に自分の中へ閉じこもってしまいます。ですから、うつ病を抱えている人の接し方で大事なのは本人がやりたい時にやれるようにしてあげることです。例えば、うつ病は心の病気なので悩みを抱えたことで発症することがあります。その悩みを解決してあげたい、なんとか協力してあげたいと周りの人達は思うかもしれません。ですが、この場合無理やり聞き出そうとするとプレッシャーを感じてしまいますし、話を聞けても励ましたり否定したりするとストレスを感じて悪化してしまいますよね。ですから、本人が話したい時に話してもらって、聞き役に徹するというのがうつ病の人と話す時の正しい接し方になります。ただ聞き役になるだけでも、悩んでいる本人からすれば話しを聞いてもらったというだけで気持ちが晴れます。ですから、上手く接し方を考えてうつ病を抱えている人の話を聞けるようにしてあげてください。

To Top